バイアグラ 購入 通販

勃起不全とは

勃起不全とは勃起が不十分なために性交を満足に行うことができない状態のことを指します。
その原因は様々で、ストレス・加齢・持病・先天的原因・トラウマなど多種多様にあり、又、混合した原因で勃起不全になっている場合もあります。
かつてはインポテンツと呼ばれていましたが、この名称には差別的な意図が含まれていること、また、近年この病気に対する世間の認識が深まり治療方法も進歩したことから、インポテンツという呼称はほとんど使われなくなり、勃起不全あるいはEDという名称で呼ばれるようになりました。

 

この病気は女性側の性的不満を募らせたり、カップル間のコミュニケーションに問題を生じさせたりします。
しかしもっとも深刻な問題は男性本人のプライドを傷つけることです。
性的な面でもいつまでも若くありたいと思うのが男性心理であり、EDの治療のためならお金を惜しまないという人も少なくありません。
加齢に応じて、程度の差はあれ性的能力は衰えていくものですが、最近はバイアグラをはじめとする治療薬が充実しており、60代以上でも効果が十分にみられる場合が多いです。

 

又、最近では、泌尿器科・男性クリニック・男性不妊治療など様々な所で相談が窓口ができていますので、まずは相談してみるだけでも、良いかもしれません。
何故なら、日本には920万人の軽度〜重度までの勃起不全に悩む男性がいるとされるからです。
意外にも、多くの男性が悩んでいると知って少しは気持ちが楽になりませんでしたか?

 

勃起不全の原因

 

男性の勃起不全の原因は、器質性と心因性にわかれます。
簡単に言えば、器質性は陰茎自体に何らかの原因があり勃起できない状態です。
心因性は機能性勃起障害と言われ、心の問題・ストレスなど目に見えない問題により勃起できない状態です。
又、その両方が原因で勃起不全になっている場合もあります。

 

勃起障害・まず第一に加齢という誰にでも起こり得る自然現象が考えられます。
歳を重ねると男性ホルモンの分泌量が減り、性欲は減退しがちです。するとどうして勃起不全が起こるのか、どうしたら症状が改善するのかと頭の中で悩みやすくなり、精神的なストレスが溜まりやすくなります。

 

するとプレッシャーから上手く勃起できないという悪循環に陥りやすいため、あまり考え込まないのが一番です。

 

他にも、生活習慣病や脳の病気、うつ病などの心の病気なども原因として考えられやすく、勃起不全で悩むときは一度医師の診察を受けてみると良いでしょう。
泌尿器科やED専門外来などを受診して、自分の気になる症状の原因を探ると気持ちも軽くなるでしょう。

 

 

 

機能性勃起障害とは?

 

EDには様々な原因が考えられます。
中でも機能性勃起障害は、身体的な問題はなく、緊張や自信喪失などメンタルが影響する心因性のものを言います。

 

この症状は比較的、性行為経験の少ない若い男性や40代〜50代の人間関係や仕事にストレスを感じる世代におこりやすい傾向があります。

 

例えば、若い世代で起こる場合は、性交渉で失敗した経験から勃起に対する焦りやプレッシャーがストレスとなりさらに勃起を難しくするという負のパターンがあります。

 

又、仕事のトラブル、リストラ、夫婦関係、など、重度のストレスからEDになってしまうというケースもあります。

 

機能性勃起障害についての治療は、心因性のものですのでカウンセリングだけで症状が改善される場合もあります。

 

混合性勃起障害とは?

 

 

EDの原因には、大きく分けて心因性勃起障害と器質性勃起障害に分けられますが、この二つが混同するものを混合性勃起障害と呼ばれています。

 

心因性は、ストレスや心理的な理由で勃起障害を起こすため、真面目でリラックス状態を作るのが下手な方、性交渉の経験が少ない方に多い原因です。

 

器質性勃起障害は手術や怪我で勃起するのに必要な神経が傷つき、脳からの反応が上手に伝わってないことで原因で起こります。

 

混合性勃起障害はその両方の原因を持っている場合で、例えば疾病やケガなどで男性器に問題を起こした方が勃起できないことをストレスに感じてしまいさらに勃起できない状態になっている両方の原因がある。

 

特に糖尿病患者にED患者が多く出てることから、勝手な思い込みによって機能しなくなる場合が多くあります。
しかし糖尿病=EDということではありません。

 

中高年と勃起不全について

 

中高年になると、EDになる人が増えるのは事実です。
これは、健康な人でも必ず起こる加齢による血管の劣化は、体中の血管の中でも特に細い男性器ないの動脈への影響が出やすいからです。
血管が硬くなり、収縮が上手にできなくなっていたり、血液がドロドロなため血管内を通過しにくくなっていることでEDになりやすい状態が始まるのが中年〜です。

 

比較的健康な人にも影響が出るほど男性器の動脈はデリケートなのですが、ましては、糖尿病、高血圧症など高齢になると発症する人多くなったり、さまざまな治療薬を服用する機会が増えたりすることで、年齢が高くなるにつれEDの発症率は高くなります。

 

このようなことから、中高年になってEDを発症した場合、生活習慣を見直す機会になります.
また、動脈硬化が進んでいる可能性もありますので、健康診断の血液検査の結果には注意が必要です。
ここで生活習慣を見直すことで、重篤な病気を回避することができます。