バイアグラ 購入 通販

高血圧治療薬とバイアグラの危険性

バイアグラの併用禁忌として、高血圧治療薬が上げられています。

 

バイアグラで特に併用が危険とされているのは、なぜかと言えば、元々バイアグラは血圧を下げる薬として開発されたものだからです。
その作用によって新たに勃起障害治療にも効果があり、製造されるようになったと言う経緯があります。

 

ですから、もし他の血圧を下げる薬品などと誤って併用してしまった場合には、血圧が下がりすぎることが起こりうるので、場合によっては、ショック状態を引き起こす危険性もあると言われています。

 

そのため、最悪の場合は死亡に至るケースもありますので、高血圧薬を服用している人は併用は禁忌なのです。

 

ですから、バイアグラの服用には慎重に医師の管理で行う必要があると言えます。
そのため勃起障害治療を希望して受診した人でも、心臓病や、高血圧があり血管を広げる薬品を服用されている場合には、バイアグラを処方できないこともあると言うことを予め知っておきましょう。 誤って服用しないためにとても重要なことです。

 

EDと心臓病の関係

 

バイアグラはもともとED治療薬として開発されていたわけではありません。
もともとは心臓疾患の薬として開発されていたのですが、治験者からバイアグラを服用すると勃起力があがるという報告からED治療薬バイアグラの誕生となったのです。

 

このようにバイアグラは心臓疾患の薬として開発されてきたこともあり、何等かの心臓への影響を及ぼす薬であることは間違いありません。
つまり、もし、心臓疾患の薬であるニトログリセリンを服用している方がバイアグラも服用したとすると、似たような効果がある薬を限度量以上服用したことと同じような結果をもたらす可能性があり、血圧が急激に低下することで狭心の症状が現れ、重篤な場合は死に至る危険もあるため、心臓疾患のための薬を次服用している方のバイアグラの服用は禁忌とされています。

 

ニトログリセリンと同様にバイアグラとの併用を禁忌とされている薬に循環器系疾患の治療で心室細動や心室頻脈、肥大型心筋症などに伴う不整脈を抑えるために用いられる塩酸アミオダロン(アンカロン錠)があります。

 

外科手術とED

 

EDは、勃起が起こるしくみである、血管や神経に何らかの障害が起こり出てくる症状です。
このような障害が起こると、陰茎に血液が十分流れ込まなくなって勃起が起こらないEDや中折れの症状が出てきます。

 

EDの症状を起こす原因で厄介なのが神経が原因の場合です。
血管の場合は、血管拡張に問題が起こっているため、血管を拡張するED治療薬を服用すれば改善される傾向があります。
しかし、神経は、勃起するための伝達機能に障害が起こっているため、ED治療薬で効き目に期待がもてません。

 

これらは、開腹手術の際に神経が傷ついて中枢神経と陰茎の神経とがつながらない状態になることがありEDの症状が出るのです。

 

このような、EDの場合は、器具を使ったED治療が有効な方法とされています。

 

EDと肥満の関係

 

肥満の人にはEDが多いような印象がある人は多いのではないでしょうか。
実際に肥満の場合には勃起能力が低下している場合が多いです。
その理由は生活習慣病が関係しています。
肥満の人はカロリー摂取量が多かったり、脂質が多い食事を取っている可能性が高いです。

 

そのため、糖尿病や脂質異常症になっている場合が多く、血管に大きなダメージが出来ているのです。
糖尿病や脂質異常症があると血管の内壁に糖分や脂質が沈着し血流が悪くなるとともに動脈硬化を起こします。

 

特に陰茎部分は細い血管が多いため動脈硬化の影響を大きく受けることとなります。
血流が悪くなると勃起のために必要な血流量を得ることが出来ないため、EDになってしまうのです。

 

軽いEDはカウンセリングだけで治ることもある

 

心理的なことが原因となっているED、あるいは夫婦間の調整などで解決をはかれるEDは、カウンセリングだけで治ることもあります。

 

心理的原因の多くはまだ性行為の経験が未熟な頃のトラウマが原因で、また失敗するのではないか?という
不安がストレスとなってEDの症状が起こることです。

 

又、新しいパートナーとの初めての性行為の時の失敗が不安となりプライドが傷つきEDの症状がおこることがあります。

 

このような時、誰にもで1度や2度は軽いEDの症状が出ることはあるということや、勃起の仕組みやストレス除去のカウンセリングを医師から受けるだけでEDの症状がなくなる場合も多々あります。

 

1人で悩むことなく、医師に相談すると意外にも普通のことで考えすぎだった。。。なんてこともあり、その場合はカウンセリングのみで十分にEDの症状が改善できます。
又、夫婦間のEDの場合は、マンネリや不妊治療などが原因におこるため夫婦間の調整の場合、夫婦そろってのカウンセリングが原則です。